本文へスキップ

つながる想い つながる未来

カンボジアサポートスラム

アンドンバイ村スラム

私たちが初めて接したスラムが、ここカンボジアのアンドンバイ村にあるスラムです。
ドブ川の上にある小屋、ゴミが散乱している道、昼間から仕事もしないでトランプゲームに夢中になっている大人たちの姿に驚いたものです。ここは10年ほど前にできた、1,000世帯が暮らす大きなスラム。子供だけでも2,000人はいると言われています。


バークンスラム

カンボジア、プノンペン市近郊にある、2013年ごろから集まった新しいスラムです。 全体の人数が100名程度、子供は30人くらい。ゴミを拾って売ったり、ゴミの中から銅線を探して売ったりしていますが、 1日の収入は700円程度。この収入で家族みんなが生きて行くのはとても困難で、子供は施設に預けている家庭も多いと伺いました。 NGOが運営している学校に通えるのですが、ここも他のスラムと同様に、子供もゴミ拾いの仕事や、 弟妹のめんどうが優先で学校に行って無い子も多いとのことです。


バンコッスラム

カンボジア、プノンペン市にあるスラムです。廻りは近代的なビルやマンションの建設ラッシュ。その直ぐ近くにこうしたスラムが点在しています。ここでは子供が働く姿を多く見ることができます。それは強制的な児童労働ではなく、本当に家庭の事情を理解した子ども達が、自ら働いているようにも見えました。
そしてこのスラムの50mほど先には別のスラムがあり、そこはアルコールや薬物中毒の大人が多い危険な場所です。


ロルゥスラム

カンボジア、プノンペン郊外にあるスラムです。4年程前から集まり出し、今では全体で約400人、子供は100人程が生活しています。 男性は主に建築の仕事、女性は防錆工場に務める方が多いです。 夫婦共働きでも1ヶ月の収入は日本円で1万6千円程度と厳しい生活を送っています。


スタンミエンチャイスラム

アジアで最も知名度があるのが、映画の題材にもなったフィリピンのスモーキーマウンテンなら、そのカンボジア版とも言われてるのがこのスラムです。
プノンペン中から毎日集められるゴミ山から使えそうなものを拾っては売る生活。大人だけでなく、子供も一緒にゴミを拾う仕事で生活をしています。


バナースペース

一般財団法人CHANGアジアの子供財団

〒333-0851
埼玉県川口市芝新町9-3-2F