カンボジア概要と子どもデータ

カンボジア王国概要

(出典:外務省)

カンボジアの地図
国旗 カンボジアの国旗
首都 プノンペン
面積 18.1万km2
人口 約約1,470万人(2013年 政府統計)
民族 カンボジア人(クメール人)が90%
言語 カンボジア語(クメール語)
宗教 仏教(一部少数民族はイスラム教)

カンボジアの歴史と社会情勢 ~子供に関わる問題は~

内戦の悲劇が続いたカンボジア。

外国からの支配の歴史は長く、1863年からフランスの保護国に、第二次世界大戦では日本に占領、その後フランス領に復帰、1953年に独立を果たしています。

独立後は、隣国ベトナムでベトナム戦争が始まります。

アメリカは、カンボジア領内に展開するベトナム軍・南ベトナム解放戦線を撲滅するため、カンボジアに集中爆撃を行いました。

こうした戦乱で多くの国民が難民化し、農業を始めとする経済活動は完全に放棄されました。

その戦乱の後、1975年からのポルポト政権下では、約4年あまりの期間で、人口約800万人のうち200万人もが虐殺されるという、 世界史に大きく残る悲しい歴史を歩んでいます。


1979年ベトナムがポルポト政権を打倒し、人民革命党政権を擁立。

ポルポト政権崩壊直後の惨服状に対しては、 国際社会は非常に寛大な人道援助を行ったが、 1982年、国連によって緊急事態の終了が宣言されます。

その後人民革命党政権を承認しない多くの西側諸国は、カンボジアに対する開発援助を行おうとはしませんでした。

一方、国連においても代表権は人民革命党政権ではなく、引き続きポルポト派(民主カンプチア連合政府)に与えられました。


このように見ると、現在のカンボジアの貧困は、1970年前後からおよそ20年以上もの長期にわたる戦乱と国際的孤立のため、 発展への道を閉ざされてきた結果と言えるでしょう。

生命を維持することすら脅かされている貧困層は国民の4割

それ以下の所得では生存が脅かされる個人や家族を「貧困層」と定義すると、 食料、医療、住居がその基準に達しない人々は国民全体の約4割にも達しております。

この水準以上が充分な生活を営んでいるのかと言えば、 そうではなく、実に国民の半数程度が貧困層、 もしくはそれに近い水準の所得で生活しているのが実情です。

戦争・紛争は国民の所得と消費を欠如し、更にポルポト政権により伝統文化、既存の経済システムは崩壊されました。

戦争、内戦で多くの男性は命を失ったことから、女性世帯主の家庭も多くその家庭にも労働力不足からくる貧困にあえいでいます。

地雷の数は、国民総数と同じ数とも言われており、地雷の被害で障害を持った家庭、 働き手が命を失った家庭には、大変な経済的負担が圧し掛かってくるのです。

孤児院の子供は歴史の被害者

戦争と内戦は国民の半数近くをも、生命の維持すら危ぶまれる貧困層にさせました。

所得のない家庭の子供は自分自身が生きるため、家族を養うために働かざるをえません。

貧困から親を失った子供、地雷によって親を失った子供、ゴミを拾って生活する子供、物乞い、路上での靴磨きなど、 こうしたストリートチルドレンは世界で1億人以上とも言われており、この中の多くの割合がカンボジアの子供でもあります。

この子ども達は、貧困のあまり親に捨てられた子、家族はいるが子供自らが収入を得ないといけない環境、 中には障害を持っていたことにより捨てられた子もいます。

路上での生活は、非常に不衛生で、 HIVを始め、大病で命を失う子供もいます。

親もいない学校も行っていない、保護者がいないことから犯罪に巻き込まれるケースもあとを絶たず、 薬物中毒、売春、窃盗、暴力などの被害者、もしくは犯罪者となるケースも防ぎきれてません。

私達が交流している孤児院にもこうした環境がゆえに、孤児となった子供が多くおり、その子の未来のため、 また一人でも多くの子供達に明るい未来があるよう一助となれれば幸いに感じております。

写真で見るカンボジア

ポル・ポト

国民を100万人以上も虐殺したクメールルージュ政党の書記長ポル・ポト。


トゥールスレン収容所

3年弱の間に2万人が収容されたとされるトゥールスレン収容所。
生還できたのはわずか8人。


トゥールスレン収容所博物館

トゥールスレン収容所は現在、博物館となり、痛ましい拷問機具や被害者の写真が保存されています。


カンボジアのゴミ山

ゴミの山、本当の小高い山脈のような大きさです。


ストリートチルドレン

ゴミを拾って生活するストリートチルドレン。衛生環境は、非常に悪い状況です。


スラムの子供

スラムで暮らす子ども達。


ドブ川の生活

ドブ川にはゴミが溢れ、その上に建てた小屋で生活しています。


スラムの生活

スラム街には、こうした家が密集しています。


スラムの子ども達

この村の大人の殆どは、職がありません。
子ども達は、10才前後で売られてしまう場合もあるようです。


カンボジアの子供データ

(出典:Unisef)

基本統計

総人口 14138 (1000人) 2010
5歳未満人口 1492 (1000人) 2010
18歳未満人口 5560 (1000人) 2010
年間出生数 318 (1000人) 2010
人口の年間増加率 2 (%) 1990-2010
出生時の平均寿命 63 (年) 2010
ひとりあたりのGNI 760 (米ドル) 2010

子どもの死亡率

乳児(1歳未満児)死亡率 43 (出生1000人当たり) 2010
5歳未満児死亡率 51 (出生1000人当たり) 2010
5歳未満児の年間死亡数 16 (1000人) 2010

妊娠と出産

合計特殊出生率 2.6 (人) 2006
避妊法の普及率 51 (%) 2006-2010*
妊産婦死亡率 290 (出生10万人当たり) 2008
専門技術者が付き添う出産の比率 71 (%) 2006-2010*

予防接種

結核(BCG)の予防接種を受けた1歳児の比率 94 (%) 2010
3種混合予防接種を受けた1歳児の比率 93 (%) 2010
ポリオの予防接種を受けた1歳児の比率 92 (%) 2010
はしかの予防接種を受けた1歳児の比率 93 (%) 2010
破傷風から保護される新生児 91 (%) 2010
政府資金による定期EPI用ワクチンの購入率 40 (%) 2010

水と衛生

改善された水源を利用する人の比率

全国 61 (%) 2008
都市 81 (%) 2008
農村 56 (%) 2008

適切な衛生施設を利用する人の比率

全国 29 (%) 2008
都市 67 (%) 2008
農村 18 (%) 2008

栄養

低出生体重児出生率 9 (%) 2006-2010*
5歳未満の中・重度の低体重児の比率 28 (%) 2006-2010*
ビタミンAの補給率(6~59ケ月児) - (%) 2010
ヨード添加塩を使う世帯 83 (%) 2006-2010*

教育

成人の総識字率 78 (%) 2005-2010*
若者(15-24歳)の識字率 男性 89、女性 86 男性 98、女性 98 2005-2010*
女性成人の識字率の対男性比 83 (%) 2005-2010*
初等教育純就学率 男子 90、女子 87 (%) 2007-2010*
小学校に入学した子どもが最終学年まで残る率 54 (%) 2006-2009*
中等教育純就学率 男子 36、女子 32 (%) 2007-2010*

カンボジア:子供に関する問題を考える

(出典:Unisef)

人身売買の犠牲になったある二人の子どもたち<カンボジア>

その1:バニー
カンボジア女性緊急センター(バンテアイ・ミアンチェイ州 シソフォン)

2003年5月、バニー(17歳)は、カンボジアのバンテアイ・ミアンチェイ州の村で母親と一緒に暮らしていました。

ある日、ひとりの女性が、タイで家政婦の仕事をしないかとバニーに話を持ちかけてきました。

1ヵ月に3000バーツ(75米ドル)も稼げるというのです。

バニーと母親にそれを断る理由はありませんでした。

すぐに契約書にサインをしたバニーは、3日後、26人の子どもたちと一緒にタイに向けて出発しました。

しかし、バニーはバンコクにある売春宿に売られたのです。

毎日客の相手をさせられ、レイプされ、虐待され、 2ヵ月もの間、悲惨な状況で過ごさなければなりませんでした。

とうとうバニーは、母親に手紙を出しました。

母親は、その知らせにひどく驚き、バンコクまでバニーを迎えにきました。

しかし、彼女を引き渡す代わりに1000米ドルもの大金を支払うように言われたのです。

カンボジアに戻る途中で、 二人はこのことを地元の警察に通報しました。

警察は、バニーにカンボジア女性緊急センター(CWCC)を紹介してくれました。

バニーは2003年7月にそのセンターに入り、センターのスタッフやそこにいる女の子たちの助けで、つらい過去から立ち直りつつあります。

彼女は規則的にカウンセリングを受け、裁縫やクメール語、英語の勉強をしながら暮らしています。

センターの支援を受けて、 警察はバニーを売った犯人の女性の居場所をつきとめ、2003年8月28日に逮捕しました。

この犯人は現在、刑務所にいます。

バニーは2004年のはじめまでこのセンターで過ごしたあと家に戻り、覚えた裁縫技術を使って仕立て屋のビジネスを始めようと計画を立てています。


その2: ディナ
カンボジア女性緊急センター(バンテアイ・ミアンチェイ州 シソフォン)

17歳のディナは、カンボジアのシェムリアップ州の小さな村に両親と7人のきょうだいと一緒に暮らしていました。

家族は貧しく、収入源はわらを売ることだけでした。

ディナは家族が食べていくために、森から野菜を採ってこなくてはなりませんでした。

ある日、尼僧がやって来て、ディナをタイにあるパゴダ(仏塔)へ連れて行きたいと家族に申し出ました。

もし、それを受け入れてくれれば、 2500バーツ(62.50米ドル)を支払うと言い、家族はすぐに承諾しました。

タイに出て初めの3ヵ月の間は、ディナはパゴダで仕事をし、賃金をもらっていました。

そんなある日、尼僧は、 バンコクへ一緒についてきてくれないかと言いました。

バンコクでは、尼僧の娘がレストランを経営しているといいます。

ディナと両親、尼僧は話し合い、最終的に契約書にサインをしました。

バンコクのレストランに着くと、ディナはレストランの オーナーが尼僧に金を支払っているのを目撃しました。

尼僧が急ぐように帰っていくとすぐに、3人の男がディナをつかまえ、 彼女に麻薬を注射をしました。

ディナが意識を取り戻したときは、彼女はすでに裸にされていました。

レイプされたのです。

それから6ヶ月もの間、ディナは麻薬を注射され続けました。

レストランとは実は売春宿で、ディナが客の相手を拒むと、 意識を失わせようといつも以上に麻薬を注射されました。

ディナが客にもっと魅力的に映るように、ときどき化粧品店へ連れていかれました。

ある日、ママサン(売春宿の経営者)がディナに麻薬の注射を忘れ、ディナは意識を取り戻し、自分が置かれた立場を理解しました。

そこへ偶然にも、警察官が彼女を相手にしようと来たのです。

警察官は、ディナがクメール人であり人身売買の被害者であることを知ると、 彼女を逃がす助けをしました。

彼はディナの髪を短く切り、あたかも男友だちのように彼女に腕をまわして売春宿を脱出しました。

その後、警察官は、ディナをタイ密入国の罪で逮捕して拘置所へ送り、ディナはそこで3ヵ月間を過ごしました。

ディナはカンボジアへ戻され、 2002年のクリスマスの日に、カンボジア女性緊急センターへ送られました。

彼女は、家に帰る準備ができるまでセンターで過ごすことになっています。

つらい過去を克服するには、まだ時間がかかりますが、彼女は毎日少しずつ回復し、つらい記憶はだんだんと薄れてきています。


(注) カンボジア女性緊急センター(Cambodian Women’s Crisis Center:CWCC)は、女性に対するあらゆる暴力をなくすために活動し、 ジェンダーに基づく暴力の被害者や彼女たちのこどもを支援しています。

センターは特に、家庭内暴力、レイプ、人身売買の被害者のために活動しています。

2003年、ユニセフの支援により、シソフォンに2つの建物を建設しました。

そのための用地もユニセフの支援で確保されました。

これは、安全なシェルターの提供を通じて、少女たちを人身売買の被害から守り、保護するというCWCCのプロジェクトの一環として行われました。

経済活動が伴えば、社会復帰もよりうまく進みます。

一つの建物は寮として使われており、もう一つが職業訓練の授業に使われています。

建物は私有の安全な場所に建ち、そこに住む女性たちの安全を十分に確保しています。

【背 景】

カンボジア政府は、子どもの人身売買と搾取を阻止し、危険にさらされている子どもを保護することを確約していますが、 政府の能力の限界を超えています。

政府には、より多く、保護と防止策、早い段階での介入を実施するよう、大きな圧力がかかっています。

しかしそれが実施できないのは、単に政府に、そうした対策を提供するための知識や専門技術、経験が足りないからです。

そこでユニセフ・カンボジア事務所は、カンボジア政府が、子どもの権利条約の締約国としての責務を果たせるよう支援してきました。


ユニセフは、社会福祉制度の拡大と子どもの法的保護を促進するように働きかけています。

これは、社会福祉に関する問題について政府職員に研修を行ったり、人身売買や搾取の被害者の救出、回復、社会復帰を支援するNGOに対する支援などを含みます。

ユニセフはまた、人身売買と搾取の防止および早期介入戦略に焦点をあてており、子どもの保護ネットワーク、青年・子ども達自身の活動、 特別な保護を必要とする家庭への支援、意識向上などの活動を進めています。

この支援の重要性は、強調しすぎといわれることはあり得ません。

なぜなら、カンボジアでは2000人もの女性と子どもが性労働者として売買されていると推定されており、さらに多くの人がカンボジアから タイへ売買されていると言われています。

子どもたちは、だまされ、欺かれ、そして目的国へ送られる前に売られていきます。

バンコクの路上で、買春の犠牲となり、物乞いをさせられ、花や土産物売りとして働かされます。

物乞いのための人身売買はお金になる取引で、 国境を越えた子どもの人身売買の多くがこのケースです。

ケースによっては、人身売買者は子どもの家族と契約を交わしており、子どもを人身売買者に 「貸し出す」代わりに定期的に収入を得ます(1月平均35米ドル)。

人身売買の対象になった子どもは、残りの家族を養うことになります。

人身売買を防止するコミュニティレベルでの努力が、これらの問題を減らし、家に帰った子どもたちが再び路上に戻らないようにするために重要です。

また、子どもたちが、家族を助けられないという罪悪感を感じて、再び人身売買の対象になったりしないようにするためにも必要です。


2004年2月17日
カンボジア・プノンペン(ユニセフ)

  • チアリーダー服部愛未
  • 寄付する
  • 参加する
  • ラチャニー・ドンチャイ氏
  • ガッツ石松氏
  • 協力団体タイの子供財団
  • 活動内容
  • 国際条約
  • 協力企業・団体
  • 募金サイト
  • よくある質問
  • 資料請求