カンボジアのサポートスラム3【バンコッスラム】

子供が働くスラム

カンボジア、プノンペン市にあるスラムです。

廻りは、近代的なビルやマンションの建設ラッシュ。

その直ぐ近くにこうしたスラムが点在しています。

ここでは、子供が働く姿を多く見ることができます。

それは強制的な児童労働ではなく、本当に家庭の事情を理解した子ども達が、自ら働いているようにも見えました。

「私が働いて親や弟がもっと楽に暮らせるようになれば、私も学校に行けるの。それがお母さんとの約束」と話してくれた女の子もいました。

そしてこのスラムの50mほど先には別のスラムがあり、そこはアルコールや薬物中毒の大人が多い危険な場所です。

そんな人々の直ぐ近くで暮らす子ども達にとって、ここはとても心配な環境です。


スラムの風景

バンコッスラム

殆ど使っていない線路沿いにあり、100世帯以上が暮らしています。


バンコッスラムの女の子

11才のラーン。洗濯に家の掃除、毎日忙しいと言っていました。


バンコッスラムの男の子

ラーンの弟、ヘインは9才。
将来はサッカー選手になりたいけど、今はボールを持っていません。


バンコッスラムで働く女の子

毎日イカを焼く少女。もう少しお金が入るようになれば学校に行ける約束をしています。


バンコッスラムで働く男の子

大人顔負けの貫録でお店に立つ少年。


バンコッスラムの児童

この子もジュースを売ったり、お会計をしたり忙しく働いていました。


バンコッスラム支援

43才のトイセーハーンさん。
元は兵隊だったのですが、今は3ヵ月全く仕事がありません。
政府は、たまに見に来るだけで、何もしてくれないよ、と嘆いていました。


バンコッスラムの生活

2回目の訪問で、ヘインにボールをプレゼント。嬉しそうです。


バンコッスラム寄付

衣類の配布を行いました。子ども達は大はしゃぎでした。


バンコッスラムの子ども達

いつも裸だった男の子も服を着て嬉しそうです。
次回はもっとたくさん持って行きますね。


43才のトイセーハーンさんは元は兵隊。

その後はバイクを使う仕事をしていましたが、盗まれたり、貸したら返ってこなかったりで、5台も無くしているそうです。

今は3ヵ月も仕事がなく、毎日家にいるので娘に怒られるよと、笑っていました。

今は奥さんが働いていて、食べさせてもらっているそうです。

それでもご飯が満足に食べれるわけではなく、おかずは無しのおかゆだけの時も多いそうです。

このスラムは、近所に薬物やアルコール中毒者が多いため危険です。

スラムのリーダーと慎重に話をして、このリーダー立ち合いのもとに、先ずは衣類を提供してきました。

次回からもリーダーと上手くコミニケーションをとりながらサポートしていく方向です。

  • 寄付・会員になる
  • 皆様にできること
  • 活動に参加する
  • ラチャニー・ドンチャイ氏
  • nekojump
  • ガッツ石松氏
  • 協力団体タイの子供財団
  • 活動内容
  • 国際条約
  • 協力企業・団体
  • 募金サイト
  • よくある質問
  • 資料請求