本文へスキップ

つながる想い つながる未来

トイレとシャワーの設置

 活動報告@   活動報告A   活動報告B

活動報告A(2015年8月)
トイレとシャワーの工事が始まりました。

カンボジア、バサックスラム孤児院の男子トイレとシャワーの工事が始まりました。
女子側はアメリカのNGOが完成させたことでしょうから、男の子はガマンして待っている状態。
シャワーもなく、トイレは自分たちで汚物をすくって捨てに行く状態でしたから、
これが完成すればかなり環境は改善されます。


新たな建物をたてて設置するので、結構大きな工事になっています。
40℃近い暑さの中、本当にお疲れ様です。

右はパパさん。日中は精肉工場に務めながら、空いた時間はいつもお手伝いしてくれてます。

現在の男の子の部屋の隣にシャワーとトイレルームを建てています。

便器が設置されました。もう少しです。

これが現在の男子部屋の外観です。

部屋の中、トタンの造りなのでかなり暑いです。もちろんエアコンはありません。

タイルが張られました。かなりきれいなトイレになりそうです。

便器の脇には、こうした水を溜めるスペースを造ります。
ここに水を張ってバケツを浮かべて、自分で流すスタイルです。

男の子達が待ち遠しそうに工事を見ています。もうすぐ完成ですね。


10月に行く時は、宿泊させてもらう予定です。
シャワーもトイレも使うのが楽しみです。掃除の仕方も教えますね。


バナースペース

一般財団法人CHANGアジアの子供財団

〒333-0851
埼玉県川口市芝新町9-3-2F