本文へスキップ

つながる想い つながる未来

トイレとシャワーの設置

 活動報告@   活動報告A   活動報告B

活動報告B(2015年10月)
トイレとシャワーが完成しました。

カンボジア、バサックスラム孤児院の男子トイレとシャワーの工事が完了しました。
女子トイレはアメリカのNGOが作ってくれたので、これで皆がきれいなトイレを使えるように
なりました。特に女の子はシャワーがないのに困っていたでしょうから、本当に良かったです。

トイレの写真を撮りましたが、既に使っていて汚れもあったので掲載は控えます。
当日の様子をどうぞ。

いつも通り、お米、調味料、文房具を届けました。
スライニ―が日本語で「ありがとう」と書いてくれました。

ここの子ども達は日本語の勉強が大好き。
今回から時間のある限り日本語を教えることにしました。

今回もお昼ごはんのプレゼント。子ども達と外で食べるご飯は、いちばん美味しいです。
スライトゥとスライトムは双子。そっくりすぎて中々区別がつきません。
何度も間違えると不機嫌になります。

ご飯のあとは椅子取りゲーム。子ども達には勝てませんね。

輪投げゲーム。これを一回やると毎回このゲームを楽しみに待っててくれます。
いちばん盛り上がりました。

これも毎回恒例、近所のスラム街を散歩。子ども達とおしゃべりしながら楽しい時間です。

衣類1万着のうち、120着を持ってきました。

これは代表個人が来てたTシャツ、お兄ちゃんたちが喜んでくれました。

スライナンとスライニ―と歌の練習。日本の歌でコンクールに出るそうです。
この二人、さっきまでお気に入りの服がなくてふてくされていました。
リーダーの二人なので機嫌が直ってよかったです。

ソカーママとミーティング。この場所に共同の事務所を建てるかもしれません。

ステージの脇のここです。広いスペースなので立派な事務所ができそうです。


プロジェクトNo.5[トイレとシャワーの設置] 完了

バナースペース

一般財団法人CHANGアジアの子供財団

〒333-0851
埼玉県川口市芝新町9-3-2F