ラオスで【CHANGスクール】の運営

ラオスの子ども達の生活・教育・将来までを応援するCHANGスクール

CHANGスクールというのは、私たちと一体となり、教育だけでなく、子ども達の生活や将来までを応援する教育機関のことです。

ラオスでは、長年サポートを続けているワット・シーアンポン小学校と、屋根の改修工事を行ったドンナクン小学校、そしてドンナクン小学校の敷地内に建設しているCHANG幼稚園。

この3ヶ所がCHANGスクールとなり、私たちとの連携しながら運営をしております。


国連基準では後発途上国(最貧国)に分類されるラオスですが、人々はとてもまじめて、働き者です。

その子ども達も礼儀正しく、きれい好きで、元々持っている性質や能力はとても高いものがあります。

このCHANGスクールで、困ることなく幼児教育と小学校教育が受けられ、高校や大学に進学してくれることを願っています。

そして将来はラオスを最貧国から脱却させてくれるような、国や地域のリーダーとなる人材が育ってくれたら何よりです。


CHANGスクール 各施設の概要

ワット・シーアンポン小学校

2012年からラオスの首都ヴィエンチャンにあるワット・シーアンポン小学校のサポートを始めました。

始めに貯水槽の設置から始まり、浄水器を修理し、水道を整備。

その後、校舎のペンキを塗り替え、校庭にテーブルとベンチを設置、冷蔵庫なども備品もそろえていきました。

子ども達へは訪問するたびにボールや縄跳びをプレゼントし、おそろいのユニフォームも着てもらえるようになりました。

主に警察官など公務員の子が多いのですが、ラオスでは公務員の給料は良くなく、最貧国の中でも更に低所得世帯の子ども達が通っています。


※写真をクリックすると大きくなります。コメントと共に是非ご覧ください。


ドンナクン小学校

ワット・シーアンポン小学校の校長の出身地にある小学校です。

2019年に校長から「地元の小学校を助けてほしい」と相談を受けました。

一見、校庭も広く日当たりも良い、比較的きれいな学校という印象だったのですが、屋根が腐ってしまい、今にも崩壊しそうだったのです。

子供を預ける親としても、そんな危険な場所に通わせるわけにはいかないと、次々と子ども達は他の小学校へ転校してしまったのです。

親しい校長からの相談であり、非常に危険な切実な状況であったことから、2020年に私たちで屋根の改修工事を行ったのです。


※写真をクリックすると大きくなります。コメントと共に是非ご覧ください。


CHANG幼稚園

そして、ドンナクン小学校は屋根が腐ってたことと、もう一つ大きな問題がありました。

それは、この地域に幼稚園が全くないということです。幼稚園がなければ、多くの母親は子供を預けることができないので、働きに出れないのです。

ただでさえ収入の少ない世帯で、小さい子供がいて、働くこともできないのでは家計は苦しく切実な状況です。

そこで2020年に、小学校の改修工事と同時に、この小学校の敷地内にCHANG幼稚園を新築したのです。


CHANGのヌンパン屋
CHANGのヌンパン屋
CHANGのヌンパン屋

2020年1月現在、工事中です。

3月には完成する予定です。


※CHANGスクール(関係施設)への突然の訪問には対応しておりません。

ラオス政府から、セキュリティの強化と、子ども達の通常の生活を確保するよう指導されております。

外部の方が入れるのは、CHANG日本人スタッフと同行、もしくはツアーでの訪問だけとなっております。


※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。


東南アジアの子どもに寄付する