カンボジアのサポートスラム6【マッパイバイスラム】

元CHANG孤児院の子が住むスラム

私たちが運営するCHANG孤児院には、代表が娘のようにかわいがっていた、ボッパーという子がいました。

2017年暮れあたりから、カンボジア政府の方針により、親や親戚がいる子は強制的に身内のもとへ返されるようになり、ボッパーも孤児院を出されて、このスラムの親戚に引き取られたのです。

居場所を探すのに1年以上かかりましたが、2018年暮れに再会、それから定期的に訪問するようになりました。


スラムの風景

マッパイバイスラム

プノンペンの中心、王宮から30分ほどの場所にあるスラムです。

このスラムの近所には高層ビルや新しいホテルが建っていて、ここだけ発展に取り残されたような場所です。


マッパイバイスラムの女の子

これがボッパー。CHANG孤児院に来たときは4才くらいだったでしょう。

お母さんが「ちょっと預かって下さい」と置いていき、それっきりお迎えに来ることはなかったのです。

代表に出会った瞬間に「パパ!」と、飛びついてきたことが忘れられません。


マッパイバイスラムの子供

とても明るく、そして気の強い子。年上の仲間ともよくケンカしていました。

今では近所の子供を抱っこして、だいぶお姉さんになってきました。


マッパイバイスラムの家

こちらがボッパーの叔父さんの家。

ボッパーは叔父さんの別れた奥さんの・・姪っ子の・・子供・・のようなことを言ってましたので、直接の血の繋がりはないようです。

それでも叔父さんの家には他にも孫や甥っ子姪っ子もいるので、親戚中から頼りにされている人なのでしょう。

とても優しい人です。


マッパイバイスラムの生活

叔父さんの仕事はトゥクトゥクの運転手。

「子供にお金がかかってトゥクトゥクの収入だけじゃ大変だよ」と笑っています。

小学生一人が学校に行って、ご飯を食べるのに必要なお金は、一日に1万リエル、日本円で270円くらいです。


マッパイバイスラムの村長

こちらは村長のニンさん、80才だそうです。

この村には217家族、920人が住んでいて、そのうち子供は500人くらいいるそうです。

生活に困っている家庭も多く、またドラッグをやっている人もいるそうで、治安はあまりよくないようです。


マッパイバイスラムの男の子達

子ども達はとても仲がよさそうです。

そして男の子がとてもしっかりしている印象がありました。

男の子たちが小さい子の面倒をよく見てくれているのです。


マッパイバイスラムの子供が通学

ボッパーの小学校の送り迎えも、お兄さんたちがバイクでやってくれます。

スラムの子ども達みんなが、兄妹姉妹になっている絆を感じます。


マッパイバイスラム寄付

訪問を始めた当初は、ボッパーへ文房具やカバンを届けてましたが、叔父さんの家にいる子ども達、そして村全体の子ども達へも物資を届けるようになりました。


マッパイバイスラムの子ども達

とても優しく素直な子ども達です。

村長や叔父さんとも話しをしながら、これからもできる限りのことを続けていきます。


2017年、CHANG孤児院には最大で37人の子供が暮らしていました。

ところがこの年から政府の方針によって、多くの子供が強制的に身内の元へ返されるようになったのです。

政府とは何度も話をしましたが、子ども達を戻すことはできませんでした。

それでも政府の方々は、出された子供の住所を教えてくれたり、毎月のように様子を見に行ってくれているので、安心もしています。

これからも政府の協力を得ながら、孤児院を出された子ども達のサポートも継続していきたいと考えています。

■他のカンボジアのサポートスラムはこちら右三角


※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。



東南アジアの子どもに寄付する