カンボジアのサポート施設

スタンミエンチャイ スクール

スタンミエンチャイ スクール

この施設はゴミの山で生活していた子、ゴミ山を遊び場にしていた子、虐待や育児放棄でできるだけ家にいない方がいいと判断した子たちを保護している学校施設です。衛生的にも精神的にもその環境に子供をおくわけにはいきません。先生はできるだけたくさんの子供を受け入れたいのですが、今は午前の部と午後の部で合計220人が限界。その時間が終わると環境の悪い家に帰らなければなりません。全ての子供達もこの学校で生活したい、家には帰りたくないと言っており、この学校に寝室やシャワー室を設けて生活できる孤児院にすることが目標です。

詳しくはこちらへ

SCADP

SCADP

この施設は、ゴミを拾って生活している子、物乞い、 路上での靴磨き、彼らは自分が生きるため、 家族のために子供ながらにお金を稼がなければならない子供達を保護することを目的として設立されました。またストレートチルドレンだけでなく、親が地雷を踏んで亡くなってしまった、捨て子、 親が犯罪者、薬物中毒、など親の行いの被害から保護されている子も多々おります。

詳しくはこちらへ

バサックスラム

バンコッスラム

プノンペン中心から車で1時間ほど。スラムの村にある施設です。
その村は道も川もゴミであふれ、大変な異臭が漂っています。本当にゴミ捨て場のゴミ山の中に家はあり、 真黒でゴミだらけのドブ川の上に板を引いた程度の小屋で生活をしています。子供達はそのゴミをあさって食べれるものや、売れるものを探して生きるしかありません。この村の子供の多くは少し大きくなると売られてしまうとの話しでした。この施設はその村から少しだけ歩いたところにありますが、決して良い環境とは言えない場所でした。

詳しくはこちらへ

ダッチ島 クバールコッ小学校

ダッチ島 クバールコッ小学校

まだまだ開発が進まない、静かで穏やかな島の小学校です。
島には中学校と小学校が1校ずつありますが、多くの島民は幼稚園ができることも望んでいました。
小学校には400人の子供と11人の先生がいるのですが、その人数に対してトイレが一つしかないことで、とても困っていました。孤児院ではありませんが、片親がいない子が多いとのことでした。

詳しくはこちらへ


※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。



物資を寄付する
毎月寄付する
今回だけ寄付する