ラオスのサポート学校2【ドンナクン小学校】

施設より

  • 屋根が腐ってしまい崩壊しそうです。多くの子供が転校してしまいました。
  • 国からは、校舎の修繕や備品の費用は出ませんので、自分たちで何とかしなければなりません。
  • 近隣に幼稚園が全くなく、女性が子供を預けて働きに出れないと困っています。

屋根が腐ってしまい崩壊寸前だった小学校

ワットシーアンポン小学校の校長の地元の小学校で、ドンナクン小学校の校長とは姉妹のように親しい仲です。

一見、きれいな校舎に見えるのですが、実際には屋根が腐ってしまい崩壊寸前でした。

危険な学校に通わせるわけにはいかないと、多くの子供が他の小学校へ転校してしまったのです。

長年親しくさせて頂いている校長からの頼みであり、校舎が崩壊しそうという切実な状況であったことから、2020年1月から屋根の改修工事を進め、更に敷地内に幼稚園の建設も始めました。

3月に完成する予定です。

※2019年からCHANGスクールに入りました。


施設の風景

CHANGスクールドンナクン小学校

シーアンポンの校長の紹介で、2019年からCHANGスクールに入りました。


屋根が腐っていて崩壊寸前

きれいにも見えるのですが、実際には屋根が腐っていて崩壊寸前でした。


ドンナクン小学校の校長

ドンナクン小学校の校長、シーアンポン小学校の校長の妹分です。


ドンナクン小学校の校庭

校庭がとても広くて、日当たりも良いので、思いっきり遊べます。


ドンナクン小学校の生徒数

1年生から5年生まで、現在55人が通っています。


校庭のハンモック

校庭の隅にあるハンモックがお気に入り、必ず誰かが揺られています。


ドンナクン小学校に通う小僧さん

お寺から通う男の子が一人います。いつもニコニコしているかわいい小僧さん。


ラオスで流行っている遊び

女の子はみんなで手を繋いで、これはラオスで流行っている遊びです。


ワットシーアンポンスクールの子ども達

二人の校長、副村長、政府の教育担当責任者とミーティング


2020年3月に完成したら、またご報告いたします。


■他のラオスのサポート孤児院はこちら右三角


※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。



東南アジアの子どもに寄付する