プロジェクト2016.3~【ヌンパン屋オープン!】

パン屋へ弟子入り

■活動報告④(2017年7月)

コンポンスプー州のビィントゥン村で孤児院建設

いよいよパン屋の弟子入りに来ました。

そして肝心のスタッフも決定。昨年から日本語学校へ通うラウ(中)とレン(右)。

この二人の進学支援をしているので、よく知っている二人に安心しました。


コンポンスプー州のビィントゥン村で孤児院建設

先ずは仕入れから。みんなで市場へ。

野菜、肉、調味料・・品目と値段を細かくチェック。

何度も行けないので、メモと写真で絶対に忘れないようにしました。


コンポンスプー州のビィントゥン村で孤児院建設

野菜や肉の切り方、混ぜ方はマリさんが伝授。

そしてソースはマリさんの弟さんが教えてくれました。

「俺も日本に行きたいな~」って。

とにかくレシピの多さ、奥深さに驚きました。これでは企業秘密だったのが納得です。


コンポンスプー州のビィントゥン村で孤児院建設

ラウもレンも料理は得意なようです。孤児院や家で小さいころから手伝ってますからね。

覚えもいいし、言われなくてもしっかりとメモを取ってました。頼もしい二人です。


コンポンスプー州のビィントゥン村で孤児院建設

これを数日間繰り返し、全てを伝授してもらいました。

完成品がこれ!他のお店にも負けない味。これなら販売できます。


コンポンスプー州のビィントゥン村で孤児院建設

マリさんとお店のスタッフさんには本当に感謝です。

ヌンパン店をやりたいと思ってから約1年以上、やっと覚えることができました。

活動報告⑤店舗探し(2017年7月)へ続く


※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。



物資を寄付する
毎月寄付する
今回だけ寄付する